英語の授業でドロケイ?!ゲームを使って英単語をラクに覚えよう

      2018/03/03

 

今日は、私の生徒たちに良くリクエストされるゲームを紹介します。

どれも広々としたスペースが必要になりますが、生徒が真剣に取り組んでくれること間違えなしです♪

 

盛り上がり必須!小学校の授業で使える語彙力ゲーム

単語カード・ドロケイ

ターゲット 語彙全般、英文(バリエーション欄参照)
ジャンル スピーキング
サイズ 指定なし
用意するもの 単語カード、フラフープ(または机など)
下準備 牢屋の場所が分かるようにしておく。
フラフープで、「宝置き場」を指定しておく。
ルール
  1. 先生が警察役になり、全生徒が泥棒役になる。
  2. 牢屋の反対側に生徒が並び、牢屋と生徒の間に、先生が単語カードを置く
  3. スタートの合図に合わせ、泥棒は単語カードを走って取りに行く。その間、警察にタッチされた泥棒は牢屋に入る(連行なし)。
  4. 単語カードを持った泥棒は「宝置き場」向かい、正しく英語で単語が言えれば、カードを置き場に残す。
  5. 間違えた場合は、先生がカードを没収する。
  6. カードがなくなるまで、または時間になるまで続ける。

※捕まっていない泥棒が牢屋まで行き、牢屋にいる泥棒を無事タッチできた場合は、その泥棒は脱走して良い

※隙を見ての脱走はなし。

コメント ゲームはかなり長く続けられるため、始めから制限時間を決めておくと良い。

生徒数によっては、英語が得意な生徒を数人警察に指名しておく。

バリエーション 文頭をある程度決めておけば、英文を作る練習が可能。

【例】
I like ~(食べ物やスポーツ)
I want to ~(動詞)
I want to be ~(職業)など

 

 

Duck Duck Goose(ダック・ダック・グース)

ターゲット 語彙全般:類似した音を持つ単語の練習をするのに最適
ジャンル スピーキング
サイズ 生徒数が多すぎる場合は2グループに分ける
用意するもの なし
下準備 どの単語を使うか決めておく。
ルール
  1. 「きつね」役の生徒を一人決め、残りの生徒は円形に座る。
  2. きつねは、各生徒の肩を軽く叩きながら”Duck”(あひる)と言い、円の周りをゆっくりと周っていく。
  3. Duck, Duck, Duck, Duck, Duck…. “と進んで行き、”Goose!”(がちょう)に変える。
  4. Gooseと言われた生徒は立ち上がり、きつねを追いかける。
  5. きつねは走って、Gooseのいた場所に座るのがねらい
  6. Gooseがきつねを追い越して、元いた場所に座れれば良いが、そうでない場合は、新しくきつねになる。

※ Duck Duck Gooseのリズムに慣れて来たら、単語を変える。

Cat Cat Dog(猫・猫・犬)
Happy Happy Angry(嬉しい・嬉しい・怒っている)
Head Head Shoulder(頭・頭・肩)

など、復習したい単語を使う。

コメント Duck Duck Goose(あひる・あひる・がちょう)は、日本のハンカチ落としにとても似ている。ハンカチ落としの場合は、ハンカチを使い、生徒は振り返ってはいけないが、Duck Duck Goose は肩を叩いて直接、指名する

同じ生徒たちが何度もきつね役とGooseを繰り返すようであれば、Gooseになる回数制限をつけると良い。

バリエーション レベルを上げたければ、生徒たちが間違いやすい単語(parrot/ pirate – おうむ/海賊)や、ハッキリと発音する必要のある単語(bus/bath – バス/お風呂)、韻を踏んでいる単語(hair/pear – 髪/梨)などを選ぶと良い。

 

 

背中を守れ!!

ターゲット 語彙全般
ジャンル スピーキング
サイズ 1セットにつき、10人以下
用意するもの 単語を紙に印刷したもの(絵/文字)、テープ
下準備 生徒を2グループに分けておく。
ルール
  1. 片方のグループの生徒全員の背中に、単語が印刷された紙をテープで貼る。
  2. グループごとに列を成し、対面する形で立つ。
  3. スタートの合図と共に自由に動き回る。
  4. 紙をつけていない生徒が、紙をつけている生徒の背中を見て、単語を大きな声で言う。
  5. 英語で正しく言えた場合は、チームがポイントを獲得する。
  6. 単語を当てられた生徒は、ゲームから脱落する。
  7. 先生の合図、または、片方のグループ全員の単語が当てられたら、ゲーム終了。
コメント かなり盛り上がるが、怪我をする生徒が出ることもあるので注意。

基本的な約束事は以下の通り:

  • 誰も他の生徒の身体に触れてはいけない
  • 背中に紙をつけた生徒が壁にへばり付いたり、地面に仰向けになるのは禁止
  • 時間制限をつける

 

先生が一人だと仮定した場合、10人以上の生徒が走り回るとけが人が出易いので、生徒数が多い場合は交代で参加させると良い。

バリエーション 生徒に2人組みを組ませ、一組ずつ教室の真ん中のスペースを使って、このゲームを実行しても良い。ただし、見物する生徒が大半になるため、あまり盛り上がらないことがある。

 

 

 

 - 英語 , ,