楽しい英語の勉強方法はこちら!英語の先生方との情報共有ページです

      2018/03/03

 

英単語力を増やすことは、英語を学ぶ上で欠かすことのできない重要な要素です。

とは言っても、「ではAppleと10回書いて覚えましょう!」というような単調な作業ばかりを行っていると、丸暗記が苦手な生徒は、どんどん英語を学ぶのが億劫になって行きます。

 

今日は、どんなに英語に苦手意識を覚えている生徒でも、夢中になって単語を覚えてしまうゲームを紹介して行きます。

 

英語の語彙力を簡単に増やしましょうシリーズ②

ミステリー箱

ターゲット 語彙力:文房具など教室にあるもの・フルーツ・身につけるもの(マフラーや手袋、ネックレスなど)・動物のフィギュア、など

※アルファベットや数字、形の練習をさせる場合はバリエーション欄を参照

ジャンル スピーキング
サイズ 1グループにつき、生徒8人以下
用意するもの 目隠し、箱、アイテム
下準備 練習したい語彙のアイテムを揃え、箱に入れる。
ルール
  1. チームの一人が目隠しをし、箱からひとつ品を取り出す。
  2. 英語で品をあてる。
  3. 正しくあてたら、ポイントを獲得。
  4. 次の生徒へ目隠しを渡し、アイテムが終わるまで続ける。
  5. またはチーム対抗の場合は、制限時間内により多くのアイテムを英語で正しく言えたチームが勝ち。
コメント チーム対抗にすると面白いが、その場合は、箱の中身はまったく別のアイテムにするのが理想。
バリエーション

写真のようなアルファベットマットが入手できるようであれば(床用のマットではなく、各マスが5㎝×5㎝程度のもの)、アルファベットと数字の練習が可能。
中の文字だけくり抜いて箱に入れる。
ただし難易度はかなり高くなるので、分かりやすい文字だけ入れるなど、生徒のレベルによって臨機応変に対応する。

三角形や四角形の形の単語の練習には、幼児用の積み木などを使う。

 

 

チラシ広告ゲーム

ターゲット 語彙力:衣類、飲食物、色、数
ジャンル リスニング、スピーキング(バリエーション欄参照)
サイズ 個人ワークでも良いが、チーム対抗のほうが盛り上がる
用意するもの チラシ広告
下準備 (チーム対抗の場合)チーム分け、チラシを各チームに配布する
ルール
  1. 先生が言う品を探し、最初に見つけたチームから順にポイントが獲得できる。
  2. レベルがあがったら、色や数も指定する。

【例】
Find a pink dress.
(ピンク色のドレスを見つけなさい。)

Find two white cups.
(白いコップを二つ見つけなさい。)

コメント 品物によっては、通信販売のカタログなどを使用するほうが勝手が良い場合もある。

ちらしの内容が気になって全く集中しない生徒もいるため、ゲームをはじめる前に10分程度の閲覧時間を与えるのも良い。下着関連のちらしのページは除いておくのが賢明。

バリエーション スピーキングバージョン:
ひとつのチームが別のチームに挑戦する形式。
先生は何も言わず、各チームが相手チームに何を探すかを指示する。
無茶な色や数を指定しないよう、ある程度の指導が必要になる。

 

 

Pictionary(ピクショナリー)

ターゲット 語彙全般
ジャンル リスニング、スピーキング
サイズ グループワーク
用意するもの 黒板とチョーク、または紙とペン
下準備
  • 生徒をグループに分ける。
  • 黒板の面積をグループ分だけ等分し、線を引いておく。
ルール
  1. 先生が各グループから一人ずつ生徒を呼び、それぞれの生徒に単語をひとつずつ内緒で伝える。(別々の単語を使うこと)
  2. 生徒は、黒板に言われた単語の絵を描く。
  3. 同じグループの生徒たちは、何が描かれているのかを当てる。
  4. 正しく英語で単語が言えたグループから順に、次の生徒が先生のもとに行き、別の単語を伝えてもらう。
  5. 時間内に単語を最も多く当てたグループが勝ち。
コメント 年齢が低い生徒の場合:

  • 「絵が描けない」と言って泣きべそをかく子がいるので、対抗戦は避ける。答えを正しく英語で当てた生徒が、次に絵を描く生徒になる。
  • 単語もシンプルなものに限定しておく。
バリエーション 生徒数が少ない場合は、グループではなく個人でも楽しめる。クラス全員が何が描かれているのかを当てる形式。

 

 

 

 - 英語 , ,