小学生と簡単で楽しい工作をしよう!なんと結婚式にも使えるDIY♪

      2018/03/13

 

みなさん、こんにちは。

実は今日の作品、大人のDIY(ハンドメイド)にも人気の品で、海外ではこのオーナメントを大人が大量に作り、結婚式場をもの凄く素敵に飾っていたりします。

 

↓こちらが一例です。うっとり(*゚ー゚)v♪

 

息子の作業の手伝いをしていて、私が没頭した程楽しかったので、確かに年齢制限がない工作内容です♪どうぞ参考になさってください。

 

子供と簡単な工作 その2「糸だけ☆おしゃれ玉オーナメント」

用意するもの

  • 風船
  • 多様な色と太さの毛糸や麻ひも
  • 木工用ボンド(120ml)
  • コーンスターチ(1/2 カップ)
  • ぬるま湯(1/4 カップ)
  • 風船をつるための釣り糸
  • トレー
  • 敷物シートや新聞紙
  • 工作用のスモックやエプロン
  • (お好みで)工作ニススプレー

 

 

下準備

敷物シートや新聞紙を作業するエリアの床に広げておく(ボンドを使うため床がかなり汚れます。特に子供が作業するので (゚ー゚;A)

少し大きめのトレーに、分量のボンド、コーンスターチ、ぬるま湯を良く混ぜ合わせておく。

 

手順

  1. 風船を中くらいの大きさに膨らませる。ポイントは卵型、というより球形になるようにすること。
  2. 膨らませた風船の表面に薄くワセリンをのばして塗る。
  3. 作業がしやすいように、風船を高めの場所から糸でつるす。私は良い場所が見つからなかったため、下絵のように椅子の背を使用。

 

  1. 風船の大きさに合わせて、毛糸を適当な長さに切っておく。

 ここから先の作業は洋服が汚れます!お子様にはスモックのご使用をおすすめします。

  1. 切った毛糸をひとつずつ、あらかじめ用意したおいたトレーのボンド混合液にひたす
  2. 糸についた余分な液を適度に指でおとし、風船に丁寧に巻き付けていく。包み込むような形で
  3. ひと晩そのまま乾かす。
  4. 完全にボンド液が乾いたのを確認したら、中の風船を割る
  5. 風船を抜いたらできあがり!長く保管したい場合は、スプレー状の工作ニスで作品を仕上げる

 

留意点

  • ボンド混合液について:
    分量を記載しましたが、木工用ボンドの質が国によって異なること、その日の気温によっても変化があること、他さまざまな要因により、混合液は一概に「こうなるべき」と明記できません。分量通りに作り、その後、糸の貼りつき具合により、ボンドの量を調整してください。わりとサラサラな液状で問題ありません。
  • コーンスターチがない場合は片栗粉で代用可能ですが、ぬるま湯に片栗粉をいれてしまうとダマになりやすいので、水に片栗粉を溶かしてから、軽く火にかけることをおすすめします。
  • ワセリンを塗る理由は、乾燥してから風船を外しやすくするためです。
  • 季節によっては一晩では乾かない場合があります。こちらは雨季(要は日本の梅雨です)だったので、まる2日間乾燥させました。
  • 我が家には毛糸しかなかったのですが、麻ひもでもかなりキレイなものができます。糸の種類をかえてお試しください (^-^*)/!

 

 

感想

なんとも素敵なオーナメントに仕上がって息子も大喜び。

私は予想以上の出来に内心びっくり (゚∇^d) ! これはリビングルームに飾っても「小学生の工作」感ゼロ♪

ホームスクーリング部屋にストックしてあった色とりどりの毛糸玉から、息子が好みの色合いの糸を取り出し、一番下のベースには太目の毛糸を上から重ねて行った毛糸は細いものを使ったところ、結構うまくできました。

この作品に限りましては、最初から最後まで私が息子に付き添う必要がありました

風船が動くので、ひとりが風船を固定し、その間にもうひとりが糸を貼り付けていく、という感じです。

交代交代で作業を進めて行ったため、息子のもどかしさに、いろいろと口を出してしまいそうになるのを一生懸命おさえていましたが、結果ふたりとも満足できる作品に仕上がって良かったです (*^▽^*)

 

小さめの風船と色とりどりの麻紐を使えば、立派なクリスマスツリーの飾りつけになります。

バージョンをいろいろと変更してみて、家族でデコレーション作りをお楽しみください (*^O^*)

 

 

家庭学習を行っている親御さん、アクティビティをお探し中の先生方、必見☆

工作関連をまとめたページはこちらをどうぞ!
結婚式に使えるDIYも含まれていますよ♪

 

 

Photo credit: Wicker Paradise on VisualHunt.com / CC BY

 - 教育 ,